2021年6月のカードリーディング

6月は心を決めて豊かさの流れに乗る月

セルフ・セラピー・カードで6月の傾向をリーディングしました。

6月におちいりやすい傾向として、

「観念」「ハートブレイク」「執着」が出ました。

6月の幸せと癒しのカギとして

「自由」「豊かさ」「流れ」を引きました。

6月は、心を決めて豊かさの流れに乗る月になりそうです。

6月の1枚目のカード「観念」は、

自分の思い込みが自分を制限してしまうというカードです。

例えば、「今年は思い切り遊べなくてつまらない夏になりそう」と思っていると、

実際にその通りになってしまうというように。

そこで助けになるのが「自由」のカードが表す

コミットメントの力。

「私が心から望むのは〇〇〇〇○です。」

「私は毎日エクササイズを15分します。」

というように心に決めて実行することで、

自由を獲得できるのです。

6月の2つ目の傾向は「ハートブレイク」。

思い通りにならない現実を受け入れられない、

現実を拒否してガッカリしているというカードです。

そんな中で助けになってくれるのが「豊かさ」のカード。

今あなたに受け取れる豊かさは、

問題や課題、お悩みという包装紙に包まれているようです。

一見、制限に見えることの下に隠れた「豊かさ」のギフトを

どのように発見できるのかが今月の鍵です。

それには、現在の状況を拒否するよりも、

そのままで受け入れてみましょう。

「ありがとう」みたいな感じで。

現状に対して、拒否感や抵抗という

ネガティブな態度で迎えると、

そのエネルギーはネガティブな方向に発展します。

そこで「そうなんだね。」「ようこそ」

と迎えてあげることで、

現状の見方が変わってくるでしょう。

6月の3つ目の傾向は「執着」。

これは、人への執着だけでなく、ある状況への執着や、

自分の観念への執着も含まれるでしょう。

そんな「執着」は、

あなたが豊かさや幸せの「流れ」に乗るのを阻んでしまいます。

「流れ」に乗っている状態、

フローの状態の時には、

緊張の中にもリラックスできている状態です。

フローの状態になるとタイミングが合ってきて、

シンクロが起こりやすくなります。

だからこそ、シンクロに注意して、

積極的に流れに乗ってみることが

執着を手放す助けになるでしょう。

6月は心を決めて、豊かさの流れに乗ってみましょう。

大空夢湧子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です