4月のカードリーディングーー4月はこれからのビジョンを描いてコミットし流れに乗ろう。

4月はこれからのビジョンを描いてコミットし流れに乗ろう。

こんばんは、大空夢湧子です。

4月になりました。

花冷えの週末、いかがお過ごしでしょうか?

我が家の窓からは桜の木が何本も見えるので、

借景でお花見気分を味わっています。

この時期、雨のたびにハラハラするのは、

千年前と変わりませんね。

さて、「セルフ・セラピー・カード」で

4月のリーディングをしました。

4月におちいりやすい傾向としては、

「執着」、「主導権争い」、「役割」を引きました。

4月の幸せと癒しのカギとして、

「自由」、「ヴィジョン」、「流れ」を引きました。

4月は、過去のある人物や、過去のある状況に

執着する傾向がありそうです。

それには、逆説的ですが、

何かにコミットメントすることで、

「自由」が得られるようです。

何か前向きなことを決めてみること。

例えば、今年はテレビでハングル語を学ぼうとか。

そして4月の2つ目の傾向は「主導権争い」。

誰かと喧嘩や競争をしてしまいがち。

そんな時に助けになるのは、

これらかの人生の「ヴィジョン」をより明確にすること。

例えば、1年後、5年後、10年後、20年後、

どんな感じで生きていたいですか?

何をしていたいですか?

周りにはどんな人たちがいますか?

どんなところに住んでいたいですか?

そんなこれから先の未来のヴィジョンを

ありありと思い描くことで、

目の前の誰かと争う傾向から抜け出せるようです。

新年度を迎えるにあたって、今年度の

ビジョンマップを作ってみるのも良いかもしれません。

そして4月の3つ目の傾向は「役割」意識にはまって、

疲れてしまうこと。

たとえやっていることが正しいことでも、

役割意識だけでやっていると

エネルギーが不足して精神的に疲れてしまいます。

私たちは、自分でやりたいことをやっている時に元気が出ます。

例えその作業自体は疲れる作業だったとしても

自分から積極的に選択して行う時は、精神的に楽ですよね。

そのような「役割」意識の負担を解消するには、

「流れ」に乗ること。

タイミングよく、物事のプロセスの流れに身を委ねてみること。

頑張り過ぎないことです。

話はちょっと変わりますが、

先日のお茶会の時、

クリエイティブシンキングというエクササイズをやりました。

バイベーションのフィル・ラウト先生から30年以上前に習ったエクササイズ です。

制限時間を1分間と区切って、

浮かんでくる考えを、ふるいにかけず書きとめる実習です。

普段から私たちは膨大な想念が浮かびますが、

自分の考えをセンサーにかけてふるい落としています。

このエクササイズは、短時間に考えを書き留めるので、

思いもよらないアイデアを拾い上げられることがあるんです。

まずは最初に教わった通りに、

「私が収入を2倍にするために何をすればいいですか?」

という質問にしました。

そして興味深かったのは、

同じエクササイズをもう一度行い、今度は

「私が収入を3倍にするために、何をすればいいですか?」

と聞いてみた時です。

その時、「笑う」「笑い」「笑顔」「ユーモア」

という答が何度も出てきたのです。

他の参加者の方たちに聞いてみると、

やはり3度目では「明るく」とか「軽く」

という感じの答が出てきたそうです。

興味深いですね。

今の自分の枠を大きく乗り越えるのには、

深刻にうんうん頑張るのではなく、

ふわふわと軽く、明るく、笑顔で笑っているというように

自分の在り方、あり様を変えることが助けになる

というのが、無意識からの答でした。

あなたにとって4月が

心の中に穏やかな平和を感じる月になりますように。

大空夢湧子 

poi

オンラインスクールがスタートしました!

セルフ・セラピー・カードの基礎編をあなたのお好きな時にいつでも何処でも、

何度でも学ぶことができる動画によるオンラインスクール がスタートしました。

こちらからご覧ください。

オンラインスクールのリンクです。

<編集後記>

米粉パンケーキミックスでおやつのマフィンを作りました。

具は冷凍ブルーベリーとシリアル。混ぜるだけで簡単にできちゃいます。

もっちりして美味しかったです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

Yuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。