4月は自分をゆるし豊かさの意識で無邪気に進もうー4月のカードリーディング

4月は自分をゆるして、豊かさの意識で無邪気な心

こんにちは、大空夢湧子です。

我が家の近所の桜はほとんど残っていませんが、あなたの場所ではいかがですか?

「セルフ・セラピー・カード」で4月のリーディングをしてみました。お待たせして申し訳ありません。

4月におちいりやすい傾向としては、「コントロール」「罪悪感」「自立」。

4月のしあわせと癒しのカギとしては、「ゆるし」「豊かさ」「清らかさ」。

大きな変化の波という全体的な流れは昨年から続いています。

そんな変化の中で、これまでのやり方でなんとか「コントロール」しようとする傾向におちいりやすいのですが、それではうまく行きません。

思い通りに進まない自分や状況への批判を手放して、今のありのままの自分をゆるし、今の状況をゆるすこと。

批判を手放して現状をゆるすことで、

停滞した状態から少し動きが出てきます。

4月のもうひとつの傾向として、「罪悪感」、つまり自分を責めてしまう傾向があります。

このカードの作者のチャックさんが、よく「罪悪感は強力接着剤だ」と言っておられましたが、罪悪感から自分を責めている間は、その状況が持続するのです。

そこで、今月に助けになるのは「豊かさ」。

つまり欠乏感から状況を捉えるにではなく、自分には十分な資源があるという「豊かさ」の意識を持つこと。

経済的な豊かさのみならず精神的にもゆとりがあるという「豊かさ」の意識を持つことで、ゆとりのある現実が創造されていきます。

さらに、困難な状況だと認識するほど、自分でなんとかしよう、と悪い意味で「自立」的に頑張ってしまう傾向があります。

今こそ、人とつながって助けを受けとってやっていく時です。そのためにも鍵になるのは「清らかさ」。つまり、自分を責めるのをやめて、無邪気に、素直に助けを求めて受けとりましょう。

今という時代は、これまで数百年続いてきた古い体制ややり方が変化し、崩壊して、新しいやり方や生き方が生まれてくる大転換の時代だと言われています。

社会が変わるその時には、自分も又、これまでのやり方やこだわりを手放して、新しいやり方や生き方を模索していくことが求められています。

これまで通りの自分とこれまで通りのやり方や、頭だけで考えた「正しい」やり方にに拘るとうまく行きません。

必要なのは、子供のように無邪気に、「あらかじめ答を持たない」柔軟性です。

流れに乗って進んで行きましょう!

大空夢湧子

poi

これからのイベント

毎月のセルフセラピーカード研究会5/1[オンライン] セルフ・セラピー・カード研究会 無料ご招待!やお茶会4/11大空夢湧子とオンラインお茶会 (無料)に加えて、5月には、セルフセラピーカードスペシャリスト養成講座の基礎編と応用編がオンラインで開催されます。

カード講座には続々とお申し込みいただいておりますが、お席はまだございます。

カードをもっと知りたい方、自分の選択を明確にする手段としてカードを学んでみたい方、ご参加お待ちしています。5/15 東京都 {オンライン}セルフセラピーカード・ スペシャリスト養成講座 (基礎編・応用編)by 大空夢湧子

編集後記

このところ、公私の用事が重なって忙し過ぎて笑ってしまうような状況で、これはもしかして、「自分の力だけでやらない。恩恵とともに行動する」ためのお試しのようなものなのかと思えてきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です