6月は自分と宇宙を信頼して、心から選択しよう!

6月のカードリーディング

こんにちは。大空夢湧子です。

6月に入り気温も暑くなってきました。

いかがお過ごしでしょうか?

6月の傾向を「セルフ・セラピー・カード」でリーディングしてみました。

6月におちいりやすい傾向として引いたのは、

「試練」「無価値感」「暗いストーリー」。

6月の癒しと幸せの鍵として引いたのは、

「信頼」セクシャリティー」「選択」でした。

6月は、成長するためのハードルを超える時。

自分や宇宙を信頼して進みましょう。

さらに自己価値が感じづらい時ですが、

だからこそ生命力が高まるような、

元気が湧いてくるような活動が助けになってくれるようです。

例えば、自然の緑に接するとか、

頭を動かすよりも体を動かす時間を持ったり。

そして、無意識にうまく行かない方に行ってしまうパターンに気づいたら、

ちょっと止まって、自分はどこに向かいたいのかを

能動的に選択しましょう。

さらに詳しく見ていきましょう。

1枚目の「試練」は、ここを乗り越えればステップアップできるという場面。

まさに成長するためのハードルを乗り越える時です。

そんなちょっと圧倒されそうな状況でも、

そこで自分を信じ、人を信じ、宇宙を信頼することが先に進む鍵。

エゴだけが自分ではなく、

自分の中のハイアーマインドが

あたたかく見守っていることを信頼してみましょう。

次に2枚目の「無価値感」は、事実がどうなのかに関わらず、

人と比べて自分には価値が無いと感じてしまう

無意識的な気持ちです。

そんな無意識的な気持ちを解消してくれるのが

「セクシャリティー」。

えっとお思いかもしれませんが、

「セクシャリティー」は性愛に関することというだけでなく、

生命力、バイタリティー、ナチュラルさ、カリスマ性を表しています。

つまり、スマホをいったん脇に置いて、

体を動かして気持ち良くなることや、

自然な体の声に耳を傾けて元気になることが

助けになってくれそうです。

さらに3枚目の「暗いストーリー」は、

無意識の中になるうまくいかない筋書き。

調子が悪い時にハマりがちなパターンです。

例えば、私の場合に無意識に繰り返す筋書きは、

調子が悪くなると、

つい一人で無理をしてしまいがち。

そして、ある限界を超えると、何もしたくなくなるパターンがあります。

そんな無意識的にしてしまうパターンを乗り越えるには、

気づいた時に、別の新たな選択をすることなのです。

本当は自分はどうなっていたいのかを考えて、

自分の望む方向を「選択」すること。

私たちの心の選択のパワーは、

無意識的なパターンを上書きしてくれるパワフルな力です。

これから梅雨に入っていきますが、

ジメジメする季節にも、

心では選択のパワーを行使していきましょう。

そもそもあなたが心から望んでいることは何でしょうか?

あなたはどの方向に進んでいきたいのでしょうか?

もう一度思い出して、選択しなおしましょう。

大空夢湧子

poi

<これからのイベント>

6月にはいつもの(お茶会改め)ミニ講座、カード研究会。

カードのスペシャリスト認定講座があります。

そして7月は、ウイークデイの午前中の

セルフ・セラピー・カード基礎編と応用編をご用意しました。

土日は都合が悪いという方、午前中の講座よろしくお願いします。

そして前回大好評だったヒーリング セミナーも7月にあります。

詳しくはこのメルマガの下の方をご覧ください。

<編集後記>

先日2年半ぶりに新幹線に乗って、

とんぼ返りで高野山に行ってきました。

親王院という古いお寺での鳥獣戯画を描く会に参加してきました。

主催者の金蔵院洋子さんとは毎週Zoomでお会いしていますが、

リアルに会うのは2年ぶり。

オンラインで視覚と聴覚のみを使っているのと、

リアルに全感覚を使って会うのは別の体験でした。

やはりリアルでしか伝わらない雰囲気というのがあるのを感じました。

鳥獣戯画の長谷川先生は日本画家。

日本画では先人のお手本をそのまま写して学ぶ文化があるそうです。

鳥獣戯画のお手本の上に薄紙を置いてなぞっていきます。

ただそこで大事なのは、息を吐きながら線を描くことだそうです。

そのために、ウサギならば「ふわ〜」とか、

カエルの頭ならば「ゴツゴツ」とか、

声に出しながら描いていくのです。

とっても面白い体験でした。またやってみたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Yuko・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。